ここから本文です

J1清水エスパルス新エース候補の西沢健太「競争があるから自分も成長」

2/4(火) 16:31配信

静岡朝日テレビ

 Jリーグ開幕まで3週間を切りました。
エスパルスは絶対的ストライカーが抜けた穴を埋めようと、ユース出身の若手が新エースに名乗りを挙げました。

 キャンプ地の鹿児島できのう行われたJ2松本山雅との練習試合。存在感を見せたのはユース出身の24歳、西沢健太でした。45分を4本行う試合の1本目。右サイドでパスを受けると右足を振り抜き、先制ゴールを決めます。

 さらに、同点に追いつかれた直後、細かいパス交換で抜け出した金子のクロスに合わせて2点目。昨シーズンチーム最多14得点のドウグラスが神戸に移籍した不安を一蹴します。

西沢健太選手:「チームの狙い通りの形、今年はああいう得点が増えると思う。同じポジションで出ている選手が得点を決めることは、危機感がありますし、そういう競争があるからこそ自分も成長していける」

一方、昨シーズン、リーグワースト69失点の守備には課題を残しました。ミスが続いて主力組が出場した90分間で4失点。23日に迫っている開幕戦に向け、修正を急ぎます。

立田悠悟選手:「形は少しずつ見えてきているのかなと思うので、まだ時間はあるし、ネガティブな結果ではないと思っている」

最終更新:2/4(火) 19:32
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ