ここから本文です

キャサリン妃とウイリアム王子は傷心 BAFTAのブラピの冗談で見せた「引きつった表情」を専門家が分析

2/4(火) 19:52配信

Hint-Pot

トロフィーを“ハリー”と名付けるとスピーチ 夫妻の傷心が見えた

 ウイリアム王子とキャサリン妃は現地時間2日、恒例の英国アカデミー賞(BAFTA)の授賞式に出席。しかしそこで米国人俳優ブラッド・ピットの思いもよらぬスピーチの洗礼を受けた。英大衆紙「デイリー・ミラー」がボディランゲージ専門家に分析を依頼。その時のケンブリッジ公爵(ウイリアム王子)夫妻のリアクションの裏側に隠された心理状態を解説した。

【画像】ブラピのジョークが飛び出た際のウイリアム王子のぎこちない様子 キャサリン妃が優しいまなざしで王子を見た一瞬 専門家は未だ傷心と指摘

 ◇ ◇ ◇

 ブラッド・ピットはこの日、都合で授賞式を欠席。しかし、助演男優賞を勝ち取り、代理で人気女優のマーゴット・ロビーが受賞スピーチを読み上げた。

 ウイリアム王子が引きつった笑顔を見せたのはそのスピーチの最後の部分。マーゴットが「これ(受賞トロフィー)に“ハリー”と名付け、アメリカに持ち帰ることにワクワクします」とメモを読み上げた時だった。

“ハリー”は、ヘンリー王子の愛称。人気女優は「これは私の言葉じゃありませんよ」と最後に付け加えたが時すでに遅し。スピーチを聞いたウイリアム王子の表情はどこかぎこちなく、苦笑いを見せた。

 ヘンリー王子とメーガン妃が王室引退を宣言してわずか3週間、ボディランゲージ専門家のジュディ・ジェームズ氏は、ウイリアム王子が浮かべた不自然な笑顔に関し、「明らかに顔の引きつりが見えます。このジョークは時期尚早でした。この表情から、ウイリアム王子はヘンリー王子の離脱にまだ傷心で、心の傷が癒えていないことは明らかです」とその心理状態について語った。

 また、ウイリアム王子に比べてキャサリン妃の笑顔は自然だったが、王子の方を振り向くとすぐにその笑顔が消えている。

 ジェームズ氏はブラッド・ピットのジョークが飛び出た直後に、ケンブリッジ夫妻のリアクションがカメラでクローズアップされて「(メーガン妃とヘンリー王子の引退で)悲しいことに、ふたりが同様の苦痛を抱いていることが見て取れた」と話して、発言を締めくくっている。

森昌利/Masatoshi Mori

最終更新:2/4(火) 22:02
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ