ここから本文です

新型肺炎 『マスク不足』が深刻…関空では“入国拒否”の水際対策

2/4(火) 16:50配信

FNN.jpプライムオンライン

感染拡大を続ける新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、関西でも『マスク不足』が深刻になっている。

【画像】新型肺炎で深刻なマスク不足 「入荷は未定」とも

記者リポート;
大阪市内のドラッグストアでは、使い捨てのマスクが品切れの状態になっています

このドラッグストアでは、先週末からマスクを購入する人が増え、欠品の状態が続いている。

「ドラッグミック天神橋六丁目店」副店長;
今のところ(メーカーからは)未定と聞いています。毎日、全種類を発注しているが、入ってきたらラッキーみたいな感じ

一方、関西の水際対策は?

記者リポート;
関西空港の検疫所では1日から、中国便の利用者とそれ以外の利用者のレーンを分けて、水際対策を強化しています

2月1日から施行された外国人の入国を厳格化する措置により、14日以内に湖北省に滞在した外国人に対しては入国を拒否できることになっている。
日本政府はこれまでに外国人8人の入国を拒否している。


(関西テレビ)

最終更新:2/4(火) 16:50
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事