ここから本文です

剥がせるスプレーは新展開/レース技術採用の吸気システムも展示【東京オートサロン2020】

2/4(火) 17:06配信

MOTA

純正交換からスーパースポーツまで吸気をサポートするBMCエアフィルター

ドイツやイタリアをはじめ、世界各国のオートパーツの輸入代理店を務めるアルバートリック。今回の東京オートサロン2020では「BMCエアフィルター」と、塗っても剥がせる不思議な塗料「フォリアテック」に焦点を絞ったブース展開となった。

■シートに使えるスプレーやイタリア製エアフィルターなど続々ラインアップ

■BMC
BMCエアフィルターの展示スペースでは、純正交換タイプのエアフィルターや「カーボン・レーシング・フィルター(CRF)」などの他、「カーボン・ダイナミック・エアボックス(CDA)」を装着したレーシングカーのVWゴルフTCRも披露された。

■フォリアテック
「スプレーフィルム」でお馴染みのフォリアテックからは、レザーやPVCのペイントなど、インテリアのアレンジにも使える新商品が登場。素材の質感を変えずに弾力ある塗装ができる「シート&レザースプレー」がリリースされた。

スプレーフィルムが施工されたホイールのタイヤも注目だ。フォリアテックの「タイヤスプレー」で、キラリと輝くサイドウォールを実現しているのだ。ちなみにこの塗料は、水とブラシで簡単に落とせるとのこと。イベントなど愛車をアピールしたい場で、きっと重宝するバズだ。

最終更新:2/4(火) 17:06
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事