ここから本文です

元フランス代表FWが監督と衝突のエムバペに失望「甘やかされた子供のよう」

2/4(火) 12:23配信

SPORT.es

クリストフ・デュガリーは、ラジオパーソナリティを務める『Radio Montecarlo』のプログラム『Team Duga』で、モンペリエとの試合でキリア・エムバペが監督トゥヘルに見せた行いを激しく攻撃した。

試合中の口論でトゥヘルとエムバぺの関係は破綻 修復は困難か

同一戦で途中交代を命じられたPSGのフランス人ストライカーは、明らかに不満気な表情を浮かべ、監督の説得にも応じずベンチに退いていた。

「エムバペの行動を見たとき、私は正直崩れ落ちた。『ウソだ、彼はそんな事などしない』と自分に言い聞かせた。私は彼が他の若者より成熟していると思っていたからだ。彼が甘やかされた子供のような振る舞いをしたことに私は失望している」と元フランス代表FWは吐き捨てた。

元バルサの選手(1997-1998)は、エムバペの行為は監督だけでなくチームメイトに対しても失礼だと非難している。
「あれは心から痛い。トゥヘルと彼のチームメイト、(交代時に居合わせた)カバーニやイカルディに対しても非常に無礼だ。カバーニはPSGで10年(7年目)で200ゴールを決める選手だ。エムバペがやったことは単にスキャンダラスだ」と苦言を呈している。

SPORT

最終更新:2/4(火) 12:23
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事