ここから本文です

仙台に大きな痛手…主力FW長沢駿と新戦力FWアレクサンドレ・ゲデスがそれぞれ全治2カ月

2/4(火) 18:09配信

GOAL

ベガルタ仙台は4日、FWアレクサンドレ・ゲデスとFW長沢駿の負傷を発表した。

クラブの発表によれば、ゲデスは1月24日の練習試合のウォーミングアップ時に負傷。チームドクターによる診断の結果、右足関節外側靭帯損傷により全治は受傷日から約8週間の見込みとなっている。

また、長沢は1月28日の練習試合で負傷し、右足関節外側靭帯損傷により、ゲデスと同じく全治約8週間と診断された。

ゲデスは今年1月にヴィトーリアSC(ポルトガル)から期限付き移籍で加入したばかり。また、長沢は昨年初めにガンバ大阪から完全移籍し、明治安田生命J1リーグ31試合7ゴールを挙げていた。

最終更新:2/4(火) 18:09
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事