ここから本文です

「休日だけのちょこっと家事」は分担?ストレスフリーな「家事分担のコツ」とは

2/4(火) 20:45配信

LIMO

共働き夫婦なのに、いつも自分だけが家事に追われている…。そう感じることはありませんか? 夫が家事や育児を全くやらないわけではなく、中途半端だから余計にイライラすることもあるようです。そこでこの記事では夫と家事の分担をするときのコツを紹介していきます。

家事の負担割合が多い日本人女性

2018年にリンナイ㈱が発表した調査結果(※)があります。この調査は日本、韓国、アメリカ、ドイツ、デンマークの5か国で、30~49歳の夫婦共働きの男女500人(各国100人)に行ったものです。ここからわかるのは、諸外国に比べて日本人女性は家事の負担割合が大きく、日々仕事と家事・育児に追われているということです。

「あなたは、配偶者(パートナー)と家事を分担していますか」との問いに対して、「分担している」と回答した人がもっとも多かった国は「アメリカ」で93.0%、そして「分担している」と回答した人がもっとも少なかった国は「日本」で56.0%となりました。

また、配偶者(パートナー)の家事に対する協力度を100点満点評価で調査し、各国で男女別に結果を比べたところ、点数差は「日本」がもっとも大きく24.06点(男性:妻に対しての点数は79.9点、女性:夫に対しての点数は55.84点)となりました。

家事や育児にまったく協力しないわけではないけれど、休日の気が向いたときだけ手伝ったり、中途半端に手を出して本人はすっかり「やった気」になっている夫に対して、不満を募らせている人もいるようです。

「休日だけ手伝う」のは分担と言える?

「あなたももっと家事や育児に協力してほしい」という訴えに対して「平日は仕事があるんだから仕方ないだろう。それに、休みの日は手伝っているじゃないか。これ以上どうしろと?」と返す夫。そもそも「仕事が休みの日だけ手伝う」のは、家事・育児を分担していると言えるのでしょうか? 

共働き家庭の平日の家事・育児は、まさに時間との戦いです。仕事から帰ってひと休みする暇などなく、食事の準備にお風呂の支度、翌日の保育園・小学校の予定の確認と持ち物チェック、洗濯ものの片づけと、すべてを就寝時刻までに終わらせなければなりません。すべてを終えて布団に入った瞬間に意識を手放し、目覚めるとまた分刻みのタイムスケジュールで朝の支度が始まる…といった、息つく間もない日々が続くのです。

それに比べると、休日は朝から出勤時間に追われることもなく、妻たちにも時間的余裕があります。そんな比較的余裕のある休日にだけ家事や育児をして「十分手伝っている」という夫に対して、有難くは思いつつもモヤモヤしてしまう人が多いのは仕方がないと言えます。余裕がない平日にこそ協力が不可欠なのに、そこを丸投げしながら「自分は家事・育児に協力的な夫だ」なんて自負されたら、たまったものじゃない! というのが妻たちの本音かもしれません。

1/2ページ

最終更新:2/4(火) 20:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事