ここから本文です

Google Pixel 4、ついに日本でジェスチャー操作可能に

2/4(火) 20:00配信

BCN

 Googleのスマートフォン「Google Pixel 4」シリーズのシステムアップデートが2月4日に配信された。アップデートすると、不具合の修正をはじめ、パフォーマンスや安定性が改善されるほか、日本では電波法の関係で使えなかった手振り(ジェスチャー)でスマホを操作できる「Motion Sense(モーションセンス)」機能が日本でも順次使えるようになるという。



 Motion Senseは、Pixel 4シリーズの目玉機能の一つ。端末にユーザーの手が近付くと画面が起動したり、端末から手が離れた際に画面がオフになったりと、タッチすることなくスマホを操作できる機能だ。ほかにも、手振りだけで音楽の曲送り、アラームのスヌーズ、電話の着信音をサイレントにすることができる。

 Motion Senseに欠かせないのが、小型のレーダー技術「Soli」。端末の周囲の動きを検知することで、タッチ要らずの操作を実現している。Motion Senseを使うには、ソフトウェアを最新版にアップデートした状態で、「設定」から「システム」を選択、Motion Senseの設定をオンにする。

 また、同時に新しい「Google アシスタント」の提供も開始した。OSやアプリとの結びつきが強くなり、音声によるアプリやウェブサイトの立ち上げが素早くなった。指示を全てクラウドで処理するのではなく、一部を端末上で処理できるように改善し、両方を効率よく活用することで処理を高速化した。

最終更新:2/4(火) 20:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ