ここから本文です

新庁舎あふれる熱気 土岐市役所でオープニングイベント

2/4(火) 8:59配信

岐阜新聞Web

 岐阜県土岐市役所新庁舎のグランドオープンイベントが2日、市役所で開かれた。屋内外でさまざまなイベントが催され、大勢の家族連れらが市役所に親しみを感じながら楽しいひとときを過ごした。

 新庁舎は昨年3月に開庁した。1年近くかけて屋外工事を進め、多目的広場「土岐フォーラム」として使える駐車場や回廊の整備が完了した。市民有志らが昨年10月からワークショップを複数回開催し、今回のオープニングイベントで実施する企画を話し合ってきた。

 土岐フォーラムでは、パトカーや救急車、地震体験車といった車両の展示や体験が催されたほか、土岐高山城戦国武将隊が菓子まきを行い、多くの子どもらが集まった。庁舎内では議場を会場にしたコンサートが人気を集めた。ワッフルの販売や陶芸の上絵付け体験ができるブースなどが並び、休日の市役所がにぎやかな雰囲気に包まれた。

 加藤淳司市長は「ようやくグランドオープンを迎えられた。令和という新しい時代に土岐市の新しいシンボルができた」と述べた。家族4人で訪れた会社員の男性(32)=同市妻木町=は「新庁舎になったことで市全体が活発になれば。市役所にはあまり来る機会はないが、定期的にイベントがあれば行くきっかけになる」と話した。

岐阜新聞社

最終更新:2/4(火) 8:59
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ