ここから本文です

海や遺跡、魅力を再発見 浦添で8・9日「てだこウォーク」

2/4(火) 6:46配信

沖縄タイムス

 【浦添】毎年7千人以上が参加する県内最大規模のウオーキングイベント「第19回うらそえツーデーマーチ てだこウォーク2020」(主催・実行委員会、市、市教育委員会、共催・沖縄タイムス社など)が8、9両日、ANAスポーツパーク浦添(浦添運動公園)をメイン会場に開かれる。

 8日が3~30キロの4コース、9日が3~20キロの4コース。当日参加費は大人1500円、高校生以下300円、幼稚園以下無料。両日とも参加する場合は割引される。

 本年度認定された日本遺産の構成文化財である浦添城跡や浦添ようどれを巡ったり、イノーが美しい西海岸の海を眺めたり、浦添の魅力を再発見できるコースが用意されている。キャンプ・キンザー内を通る9日の20キロコースは身分証が必要。

 今年はTEDAKO RUN部門が新設され、リレーでフル・ハーフマラソンの距離を走るコースや個人5キロのコースもある。参加費3千円。8日には参加者同士の交流会「ウォーカーふれあいパーティー」が開かれる。また、JAおきなわ浦添支店で第25回農協まつりが同時開催され、アンパンマンショーなど家族連れで楽しめる。

 詳細は市のホームページ「てだこウォーク2020」で。問い合わせは市観光振興課、電話098(876)1246。

(写図説明)てだこウォーク

最終更新:2/4(火) 6:46
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ