ここから本文です

冬型の気圧配置が続かず…沖縄・1月の降水量が過去最少

2/4(火) 8:01配信

沖縄タイムス

 沖縄気象台は3日、1月の沖縄地方の降水量が過去最少となり、沖縄の東の海域では1月の海面水温の最高値を更新したと発表した。

 沖縄地方の1月の地域平均降水量平年比は34%で、14年の39%を下回り、統計を始めた1946年以来、最も少ない値を更新した。冬型の気圧配置が続かなかったことなどが要因。

 沖縄の東の海域では1月の月平均海面水温の平年差が1・4度(速報値)となり、1月としては82年以降で最も高くなった。

 同海域では昨年12月下旬、寒気の影響を受けにくかったため海面水温が平年よりかなり高くなった。1月も寒気の流れ込みが弱く、海面水温の高い状態が維持されたことが要因。

最終更新:2/4(火) 8:01
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ