ここから本文です

動画:武漢の新型肺炎用の病院に雨水処理システムを設置

2/4(火) 6:12配信

CNS(China News Service)

(c)CNS/JCM/AFPBB News

【CNS】中国・湖北省(Hubei)武漢市(Wuhan)蔡甸区(Caidian)に建設された新型コロナウイルスによる肺炎患者用の「火神山医院」で1月29日夜、最大の雨水処理一体化ポンプステーションのつり下げ工事が行われた。

 室外の給排水システムは、病院の日常用水の提供と同時に、汚水・排水などやウイルスが混入している可能性のあるものを消毒・浄化後、外部の汚水本管に排出。最終的には武漢市の汚水処理場に送られ、ウイルスが汚水を通して広がることを避けるという。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:2/4(火) 6:12
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事