ここから本文です

FC東京U-18の攻撃牽引したMF角昂志郎は1得点。「決め切ることがここから大事になってくる」

2/4(火) 17:38配信

ゲキサカ

[2.2 東京都CY U-17選手権決勝L FC東京U-18 2-2 東京Vユース 東京ガス武蔵野苑多目的G]

 東京Vユースとの“東京ダービー”でMF角昂志郎(2年)がFC東京U-18の攻撃を牽引した。左サイドからゴール前に潜り込み、決定的なシュートを連発。前半30分にはMF常盤亨太(2年)のループパスを受けると、「ループパス来た時は一瞬戸惑いがあったんですけれども、シュートにより速く行けるように良いところにボールを置けたと思います」と左足シュートを決めて先制点をもたらした。

「(去年は小林)里駆くんがチームを引っ張って点を決めたりしていたので、次は自分が里駆くんみたいにならないとなと思っていた。このチームの攻撃は自分が引っ張っていきたい」という角は、鋭いドリブルと抜け出しで幾度もチームのチャンスに絡んだ。

 だが、相手GKをかわして放ったシュートをDFにクリアされるなど決定機を活かし切れなかったシーンも。特に2-2で迎えた試合終盤はゴール前でチャンスを迎えながら、アウトにかけて狙ったシュートの精度を欠くなど、勝負どころでエースとしての仕事をすることができなかった。

 それだけに、「あそこ(得点チャンス)にいるということは前よりも成長だと思うんですけれども、決め切ることがここから大事になってくる」とコメント。現状に満足せず、もう一段階上のプレーをして、チームを勝たせる選手になる。

 中学生時代から年代別日本代表の常連。昨年はU-17ワールドカップも経験した。トップチーム昇格が懸かる今年は攻撃も、守備でもFC東京U-18を盛り上げていく意気込みだ。トップチームの公式戦初戦が早かったこともあって、U-18チームからキャンプに呼ばれた選手はいなかったが、ここから貪欲に成長し、評価を上げていく意気込みだ。

「トップ昇格できるならばしたいですし、大学に行くことは『負けでもない』。そこで色々な選手が羽ばたいているのを見ている。どっちの道に進んでも、最大限の努力をして世界で戦えるような選手になりたい」。もちろん、全国タイトルを獲得することも目標。世代屈指のサイドプレーヤーはタレントたちと力を合わせて日本一を獲得し、自身の目標とするステージにも近づく。

最終更新:2/4(火) 17:38
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ