ここから本文です

NY銅先物、一時5カ月ぶり安値-新型ウイルス拡大で中国景気に懸念

2/4(火) 7:16配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 3日のニューヨーク銅先物相場は一時、昨年9月以来の安値に下落。新型コロナウイルスの感染拡大で米中貿易摩擦の緩和によるプラスの経済的影響が打ち消されるとの懸念が広がった。

中国の当局者らは、米国との第1段階の貿易合意の公約順守を巡り、ある程度柔軟な姿勢を米側に期待していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

サクソ銀行の商品戦略責任者オーレ・ハンセン氏は「中国は第1段階貿易合意の公約を順守することなどとてもできない。そのため成長が遅れるだろう」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物3月限は0.4%安の1ポンド=2.507ドルで終了。一時は2.4875ドルと、中心限月としては5カ月ぶり安値となった。また、13営業日続落と、1988年にさかのぼるデータで最長の下げとなった。

原題:Copper Hits Five-Month Low With Virus Threatening China Growth(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Justina Vasquez, Yvonne Yue Li

最終更新:2/4(火) 7:16
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ