ここから本文です

GoogleがYouTube、クラウド収益を初めて開示

2/4(火) 8:10配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米アルファベッド傘下のグーグルは3日、オンライン動画共有サービスのユーチューブとクラウド事業の売上高内訳を初めて開示した。発表資料によると、ユーチューブの2019年売上高は151億5000万ドル(約1兆6500億円)、クラウドは89億2000万ドルだった。

発表資料によると、ユーチューブの売上高は17年の81億5000万ドルから2倍増近くとなった。一部投資家は19年のユーチューブ全体の売上高が200億ドルに達すると考えていたが、それでもなおウォール街にとって今回の画期的な開示は歓迎されそうだ。ユーチューブの数字は広告で、有料サービスのサブスクリプション(定額制)など、広告以外の売り上げは「その他の収入」に含まれる。

クラウド事業は17年から倍増し、売上高は41億ドルから89億ドルに増えた。好調な業績ではあるが、グーグルは市場リーダーであるアマゾンウェブサービスに依然として後れを取っている。

原題:Google Breaks Out YouTube, Cloud Revenue for First Time(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Mark Bergen

最終更新:2/4(火) 8:10
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事