ここから本文です

無添加みそ仕込む 高岡・中田もえぎの会

2/5(水) 11:31配信

北日本新聞

 高岡市中田地区のボランティアグループ「中田もえぎの会」(河合博子会長)は5日、同市の中田コミュニティセンターで地場産の大豆を使った無添加みそを仕込んだ。

 みその仕込みは毎年行っており、毎月開催している地域のお年寄りを招いた食事会でみそ汁として提供している。

 メンバーが自宅で収穫した大豆約25キロを用意。この日は7人が集まり、煮た大豆と塩入りこうじを混ぜ、ミンチ状にした。空気が入らないように容器に詰めていき、半年間ほど冷暗所で発酵させる。

 みそは、9月に行われる地元の恒例行事「中田かかし祭」で、1袋(800グラム入り)600円で販売する。

最終更新:2/5(水) 11:31
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事