ここから本文です

経路検索にタクシー配車、決済までOK 無料アプリで観光も便利に 沖縄セルラーなど9社が実証実験

2/5(水) 6:34配信

琉球新報

 沖縄セルラー電話や沖縄都市モノレール、沖東交通事業協同組合など県内外の9社は4日、無料アプリ「沖縄CLIPトリップ」を活用した実証実験を県内で開始すると発表した。アプリで県内の観光地や移動経路の検索のほか、タクシーの配車や決済などができる。実験期間は3月31日までで、内容を検証して本格的な運用につなげる。
 アプリは那覇市を中心とした本島内が対象エリアとなる。沖縄観光に関する記事や飲食店の情報を提供するほか、レジャーなどの予約と決済、モノレールの1日乗車券の購入などが可能になる。

 沖縄を訪れる観光客は1千万人を突破するなど増加を続ける一方で、モノレールやバス、タクシーなど2次交通の利用が進まないことが課題となっている。アプリを活用して2次交通の利用を促し、交通渋滞など課題の解決につなげることを目指す。

 実証実験に参加する沖縄セルラーアグリ&マルシェの國吉博樹社長は「県内観光をスムーズにすることでお客さまが多くの場所に足を運び、観光消費額も上がる」と期待を込めた。

 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の下地芳郎会長は「沖縄観光を世界水準にするためにも、公共交通との連携は大きなテーマの一つだ。OCVBとしても今回の取り組みに注目している」と話した。

琉球新報社

最終更新:2/5(水) 15:28
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ