ここから本文です

【本日発売】マック注目の「ごはんバーガー」!気になる味は??

2/5(水) 7:00配信

アスキー

マクドナルドが新メニュー「ごはんバーガー」を発売。気になる味は? 本日から発売開始ですよ!

【もっと写真を見る】

「ごはんてりやき」「ごはんベーコンレタス」「ごはんチキンフィレオ」
・店舗:マクドナルド
・発売日:2月5日(毎日17時~閉店限定)
 
 マクドナルドの夜マックの新メニューとして「ごはんバーガー」3種が期間限定で登場。
 
「ごはんてりやき」390円
  ポークパティー、レタス、スイートレモンソースという「てりやきマックバーガー」の具材を挟んだごはんバーガーだ。
 
 通常のバンズと比べると、ごはんバンズは水分が多いこともあって、ボリュームを感じる。紙に包まれた状態で持ってみると、ずっしりと重い。
 
 注文を受けてから店頭でスチーム調理するというごはんバンズは国産米100%とのこと。米同士が程よく結びついていて、型崩れはしにくい。
 
 両面に醤油だれを塗って焼き上げて仕上げているため、バンズ自体が焼きおにぎりのような風味だ。もちもちとした、でんぷん質の多いお米の食感で、ふだん、それほど量を食べない人なら、一個でも満腹感が得られると思う。
 
 てりやきマックバーガーの具材との相性もバツグン。味付けそのものは変わっていないのだが、ごはんバンズと組み合わせることで、和食っぽくなっている。「レタスとごはん」というタコライスくらいでしか見ない組み合わせも、食べてみると違和感はない。
 
 そして確実にマクドナルドの味である。下平 篤雄氏が「マクドナルドでしか出せない味を目指した」と話していたのがよく伝わる。
 
 3種類の中でもっとも味の想像がつきやすい商品だと思う。それに、ポークパティー=豚肉とごはんとの組み合わせといえば、しょうが焼きや、とんかつでおなじみである。豚肉とごはんは相性がいいのだ。
 
「ごはんベーコンレタス」410円
 3種類の中でもっとも味の想像がつきにくいと思われる、ごはんベーコンレタス。
 
 ところが、意外にもこれが一番おいしいと思った。ビーフパティの味とレタスの食感、ベーコン、チーズ、マスタードソース、それぞれの味の主張をごはんが受け止めているという、いままでに食べたことのない味なのだが、ごはんとの相性がすごくいい。
 
 ごはんてりやきはソースの味が濃いので、「あの味をごはんに挟むと、こうなるよね~」と想像に近かったのだが、ごはんベーコンレタスは、「こんな感じになるんだ!」とちょっと驚き。
 
 ごはんバンズ自体に味がついているから、シンプルな味付けのベーコンレタスバーガーの具材と組み合わせたときに、お互いのよさが発揮できているという感じ。発表会にゲストとして登壇した、お笑いコンビ ナイツの塙 宣之氏も思わず「え? うまっ!」と言っていた。
 
 発売されてから、どれにするか迷ったら、ぜひごはんベーコンレタスを選んでほしい! 食べる前は「ビーフパティとごはん、合うのかな?」とも思ったが、よく考えたら、ハンバーグをおかずに白米を食べることもある。相性が悪いわけないのだった。
 
「ごはんチキンフィレオ」単品410円
 鶏肉とごはんの組み合わせは、唐揚げ定食などでもおなじみである。しかしチキンフィレオの具材はどちらかというと洋風の味付けだからな。どうかな。
 
 しかしこれもよく合う! ジューシーなチキンパティとレタスの食感、アクセントのオーロラソースの味をごはんバンズがやさしく受け止めており、チキンパティの新たな可能性を発見した。
 
 ごはんバンズのもちもち感と、チキンパティのサクサク感、レタスの歯ごたえが次々と現れ、食感も楽しい。
 
 そして3種類の中では、ごはんチキンフィレオはもっともボリュームがある。チキンパティはとても分厚い。手に持ったときの重さも明らかに一番重く、正確なことは言えないものの、コンビニサイズのおにぎり2.5個分くらいはあるんじゃないだろうか?
 
・関連記事:マクドナルドの新作「ごはんバーガー」を実食! もちもちのお米がたまらない
 
 

文● 貝塚 編集 ●ASCII

最終更新:2/5(水) 7:00
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ