ここから本文です

県内利用企業募る 日本弁理士会の課題解決型事業

2/5(水) 10:09配信

福島民報

 日本弁理士会は、特許などの知的財産(知財)に精通した弁理士が県内中小企業と全国の大学や企業を結びつける「課題解決型マッチング」事業の利用を希望する企業を募っている。自社製品の開発を目指す中小企業が求める技術を調査し、交渉先を仲介する。

 同会が組織内に新設した「福島プロジェクトワーキンググループ(WG)」が事業を進めている。弁理士が支援を希望する企業を訪問し、製品化に必要となる既存技術や部品などの要望を把握する。専門的な知識を駆使し支援企業の求めに見合う技術を探した上で、交渉の仲介をする。両者が同意すれば、面談の場を設ける。交渉先企業の代理人弁理士を通じて連絡を取るため、面談開始の可能性が高まるとしている。

 費用は交渉先の仲介までは無料。申し込みは専用フォームでできる。アドレスはhttp://www.benrishi-navi.com/f/?id=a758&type=10

最終更新:2/5(水) 10:09
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ