ここから本文です

ANA×豊田自動織機、トーイングトラクターの自動走行実証実験をセントレアで実施へ

2/5(水) 11:00配信

レスポンス

ANAと豊田自動織機は、2月10日から14日まで、中部国際空港(セントレア)の制限区域にて、トーイングトラクターの自動走行実証実験を行うと発表した。

今回の実証実験では、2018年度の発着回数10万回以上の中部国際空港で、車両の往来が多く、屋内外での連続した長距離走行が必要な条件下においても、安全かつスムーズにトーイングトラクターの自動走行・荷物搬送ができることを確認する。

今回の実証実験は、航空イノベーションの推進を図る官民連携の取り組みの一環。両社は、航空需要拡大や生産年齢人口減少に伴う労働力不足等の環境変化に対応するため、トーイングトラクター自動走行の取り組みを進めている。昨年10月には、九州佐賀国際空港にて、手荷物や航空貨物をコンテナへ搭載し、航空機まで搬送するルートを走行する実証実験を実施。今後、これらの実証実験の成果・課題を踏まえ、2020年度内の実用化を目指す。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2/5(水) 11:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ