ここから本文です

ランチは利用条件に注意!本当にお得な「サブスク」を探す

2/5(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【低金利時代の生き残りマネー術】#54

 人口減少の中、日本はサブスクリプションだらけになるでしょう。例えば、月1万円ほどで使い放題の美容室や服のレンタルなど。とはいえ、定期的に利用する頻度には限度があるとお思いでしょう。

 でも、「always LUNCH」はたった月5980円で、加盟店で毎日ランチが食べられます。東京(渋谷)、大阪、京都、福岡の加盟店がメインですが、対象店舗が自宅や職場の近くにあるなら激安です。

 月12食(1回650円)をテークアウトできる「POTLUCK」もあります。加盟店舗は渋谷、恵比寿、代官山などにあり、近所ならランチ代や時間の節約になります。

 私もよく利用する中華料理チェーン「福しん」(都内32店舗)は月500円の「ギョウザ定期券」があり、1日3回まで餃子6個が無料(350円以上の他の注文時1回のみ)。通常は200円ですから3回以上で元が取れます。月に5回以上通っている私としては、とてもうれしい話です。

 コーヒー店では東京・西新宿と飯田橋にある「coffee mafia」は月3000円でコーヒーをいつでも飲めます。ただし1回の来店で1杯のみで、おかわりはできません。

■利用条件に注意

 注意点もあります。先ほど取り上げた「always LUNCH」のサブスクが利用できるのはランチ時間のみです。ちょっとした用事で遠出すると、ランチの時間外になってしまうこともあります。ランチ時間帯は加盟店で若干違いますので、よく確認してから行くことです。また、途中解約しても最低1カ月分の料金は支払う必要がありますので注意しましょう。

「coffee mafia」は、3月に銀座店もオープン予定ですが、サブスクは入会した店のみ可能。土日祝が休みのため最大で月約20回分になります。ケチな私のように自宅でしかコーヒーを飲まない人には不向きですが、コーヒーこだわり派にはいいでしょう。

 ミニマリストが流行しているアメリカではナイキの子供用のスニーカー靴などのサブスクがどんどん広まっています。日本でも消費者の流動化などを狙ったサブスクは増加していくでしょう。

 大切なのは、自分にとって本当にお得なサブスクを見つけて利用条件を確認することです。

(柏木理佳/生活経済ジャーナリスト)

最終更新:2/5(水) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ