ここから本文です

NVIDIA、ゲームストリーミング「GeForce NOW」欧米で正式スタート 月額5ドルとStadiaの半額

2/5(水) 8:26配信

ITmedia NEWS

 米NVIDIAは2月4日(現地時間)、β提供してきたゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」(以下「GFN」)を北米と欧州で正式に提供開始したと発表した。

【その他の画像】

 サブスクリプションプランは無料と月額4.99ドル(約550円)の2種類。有料プランは競合する米Googleの「Stadia」の半額、ストリーミングではないがオンラインゲームサービスの米Appleの「Apple Arcade」と同額だ。

 有料プランも90日間は無料だ。NVIDIAは4.99ドルを「ディスカウント価格」としており、2020年中はこのままだが、その後値上げする可能性があるようだ。

 NVIDIAは日本ではソフトバンクとの協業で日本版「GeForce NOW Powered by SoftBank」(β版)を提供しているが、こちらは本稿執筆現在、まだβのままだ。

 GFNは、クラウド経由でゲームソフトをストリーミング配信するサービス。処理能力が非力なマシンやスマートフォンでも快適なプレイができる点や、セーブデータをクラウド上に保存するため、利用する環境を選ばずプレイを中断・再開できる点が特徴だ。Windows、Mac、Android、Shield TVで利用できる。

 Stadiaとの大きな違いは、GFNはゲームサービスのSteam、Uplay、Blizzard Battle.netの、GFNでもサポートしているゲームを既に購入していれば、それをストリーミングでプレイできる点だ。

 無料プラン(Free)は、1回のセッションは1時間という制限がある。セッションは何度でも繰り返せるが、1時間で切断される。β版に参加していたメンバーは、自動的にまずこちらのプランに移行できる。

有料プラン(Founders)は、1回のセッションは最長6時間で、無料プランより優先的にすぐに次のセッションを開始できる。レイトレーシングオプションも使える。90日間は無料で利用できる。

ITmedia NEWS

最終更新:2/5(水) 8:26
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事