ここから本文です

田中みな実、嫌われキャラ一転…女性から支持も 鋭い分析「“1周半回って嫌い”ってパターンもある」

2/5(水) 8:03配信

スポニチアネックス

 初の写真集が異例の大ヒットを記録するなど人気沸騰中のフリーアナウンサー・田中みな実(33)が、自身の仕事観、同性からの支持について語った。

【写真】新人時代の田中みな実 江藤愛アナと敬礼

 2月1日放送のTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)で「私が“仕事を選んでいる”と週刊誌で記事にされることもある」と切り出した田中。「選んでるというよりは、何でもかんでも全部仕事を受けていると“見飽きた感”がすごいでしょ。だから、これこそ結果が残せるとか、これだったら制作者にも見ている人にも満足してもらえるって思うものしか基本的には受けたくないと思っている」と仕事に対する自身のスタンスを明かした。

 この日のゲスト、コラムニストのジェーン・スー氏は「そこの勘が鋭い」と指摘。「人の期待に応えれば何とか場所がつくれると思って、期待に応えることだけに一生懸命になっちゃってる人もいる。でも人の期待って“今ここの席空いてるからとりあえず座っといてくれる?”みたいな期待もあって、そこをどう読むかってすごく難しい。そのあたりをちゃんと読みながら自分で舵を切っている」と芸能界でのポジションを確立した田中を称賛した。

 ジェーン氏が「あんなに女に嫌われてたのにね」と過去をイジると、田中は「今でも嫌われている」と即座に否定。「“1周半回って嫌い”っていうパターンもある」と冷静に分析し、「好きとか嫌いとかに流されずに、ただただ淡々と自分が良いと思ったものを続けているっていう感じです。ずっとそれは変わらない」と強調していた。

最終更新:2/5(水) 8:18
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事