ここから本文です

“熟成フェチ”が繰り出す穴場の和酒バー

2/5(水) 11:00配信

dancyu

お店に行って、どの日本酒を頼むか迷ったことはありませんか?種類がありすぎて選べない!そもそも日本酒がわからない!そんなときは、酒を知り尽くした店主に相談してみてはいかがでしょうか?初心者も上級者もきっと楽しめる、東京の7軒をご紹介します。

【写真を見る】“熟成フェチ”が繰り出す穴場の和酒バー

■朝絞めの水郷赤鶏と日本酒で心地よく酔える

悩殺されたのは、朝絞めの鶏を使ったささみの昆布〆。ねっとりまろやかで官能的だ。どんな酒が合うだろう?と悩む間もなく、店主、梅澤豪さんのアシストが入る。

注がれたのは“奥鹿”山廃23BY。山廃らしいふくよかな味わいは鶏肉に負けず、旨味の輪がぐんぐん広がる。唐揚げも締めの丼だって飲み手の嗜好を考えながら、ぴたりとハマる一本を選んでくれる。ただただ身を委ねるだけだ。

スタンバイする40~50本は、しっかりとした飲み口のものが中心。熟成フェチを自任するように、自家熟成の秘蔵っ子が繰り出されることもある。

一方で、メディアユニット「富士虎」の一員として、ウェブで日本酒の魅力を発信。これまで巡った蔵は36軒。あるときは仕込みを手伝ったり、あるときは酒米の田んぼで草取りしたり。穏やかな人柄からにじみ出る深い日本酒愛が、酒をますます旨くする。


---------------
◇店舗情報

「うめばち」
【住所】東京都渋谷区渋谷3‐22‐11 サンクスプライムビル3階
【電話番号】非公開
【営業時間】18:00~23:00(L.O.)
【定休日】日曜 月曜
【アクセス】JR「渋谷駅」新南口より1分
---------------

文:上島寿子 写真:本野克佳
※この記事の内容は2018年3月号に掲載したものです。

最終更新:2/5(水) 11:00
dancyu

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ