ここから本文です

どじょうすくい踊り続けます 木下一朗さん

2/5(水) 7:05配信

長野日報

原村菖蒲沢の米農家、木下一朗さん(82)は20代の頃から独学で「どじょうすくい踊り」を踊ってきた。高齢であることから、菖蒲沢老人クラブ「菖寿会」の1月の新年会での披露を最後に”引退”しようと考えていたが、上演は大好評。参加者から引退を惜しむ声が数多く上がり、木下さんは「できる限りは続けていきたい。人に喜んでもらえるとうれしい」と踊りへの情熱はまだ健在だ。

踊りの原点は、20代の頃、秋に田んぼの水を抜くと、せぎにドジョウがたくさんいて、ざるですくった実体験だ。「毎年、楽しみだった。どじょう鍋にするとおいしい」と楽しい思い出を振り返る。宴会芸として始めたが、ただの遊びではなく「川の中を歩く足の運びやリズムは他の人にはまねできない」とこだわりを見せる。

どじょうすくい踊りの本流は、島根県安来(やすき)市に伝わる民俗芸能「安来節」。木下さんは自己流だが、安来節のテープを聞きながらしぐさや構成などを自分なりにつくり上げたという。ひげやそばかすを表す顔のメイクは鏡を見ながら水性ペンで自分で描く。若い頃は東京の親戚が営む割烹(かっぽう)の宴会場で踊り、芸を磨いた。

地元の菖蒲沢では、1990年の新公民館の完成祝いの席で披露。以来、出演依頼があれば出向き、親しまれてきた。

1月26日の新年会で、木下さんに出演依頼をした菖寿会の五味元治(もとじ)会長(65)は「木下さんのどじょうすくい踊りには本流の踊りにないオリジナリティーがある。今年限りと言わず、今後も会員や多くの人を楽しませてほしい」と願った。

最終更新:2/5(水) 7:05
長野日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事