ここから本文です

代表質問のキーワード「見える化」で 各党のスタンスが見えてきた! 選挙ドットコムちゃんねる #11-1

2/5(水) 10:30配信

選挙ドットコム

今回の選挙ドットコムちゃんねるでは、最近の注目選挙結果として八王子市長選を、今後行われる要チェック選挙に前橋市長選をメインにピックアップ。

そして開会した国会で行われた各党の代表質問は、各党の質問に出て来たキーワードの種類や回数を見える化した「テキストマイニング」を使って見ていきます。各党質問者が使ったキーワード、フレーズをその使用回数に応じてビジュアル化すると、予想以上に各党のスタンスや戦略がハッキリ見えてきて、興味深い結果に!

番組の内容をダイジェストでお伝えします。

3期目を目指す現職が順当に勝ち切った八王子市長選。で、例のしょぼい党候補者はどうなった?

乙武 「さぁ今回も始まりました選挙ドットコムちゃんねる。今週の選トピは?」

千葉 「まずは先週行われた選挙を振り返っていきましょう。まずは八王子市長選。現職の石森孝志氏が78,372票を獲得して3選を果たしました」

松田 「3期目を目指す石森さんは、62歳という年齢。政治の世界でいえば比較的若く、また3期目ということで多選と批判される数でもないので、大方の予想通り順当に現職が勝ち切ったという感じなんですけれども。

4万7000票あまりを獲得したものの次点だった白神優理子(36歳・新人・無所属/立憲・共産推薦)氏は、出馬表明が今年に入ってからとすごく出遅れたこともありまして、いわゆる与野党対決な面もあるにはあったんですが、出遅れが最後まで響いて正直『対決』というところまでには至らなかったかな、というところですね」

乙武 「なるほど。国民と立憲の支援する候補がそれぞれ分かれるっていうのは、地方選挙だとけっこう多いんですか?」

松田 「そうですね。それぞれの支部の判断だったり、議会の構成によって組み方が変わってくることもあります。
今、それこそ大阪だと自民党と共産党が協調して維新に対峙したり、なんていうこともありますから、それほど珍しいことではないですね」

乙武 「そういう場合、国政政党の方から『今、合流に向けて動き出してんだから、地方であんまりケンカとかすんなよ』みたいな指示が出たりすることは?」

松田 「まぁ組織内ではあると思いますが、その場合は逆にお互いに『これは地方の事情を優先してやることだし』と理解しているところもありますから、それほど鋭い対決には、実際八王子の件ではなっていないですね」

乙武 「で、前回の八王子市長選の話題でもちょっと取り上げた『しょぼい政党』ですけど」

千葉 「しょぼい政党の小柳次郎さんは、3,403票という結果ですね」

松田 「個人的には、まぁよくとられたんじゃないかと思いますよ」

乙武 「これでけっこう票を取れた?」

松田 「意外に取れたと思います。大方の予想ではせいぜい、1,000票くらいかなという感じだったので。選挙広報なんかもちゃんと作られていましたし、約3,400人には選ばれたということで、たしかに泡沫候補という扱いにはなりますけど、それこそ今後がんばれば市議会議員を1人当選させられるかもしれない。その可能性を感じさせるに近い票数が入っているのかなと思うんです」

乙武 「なるほど。今後も他の地方選挙で、注目される存在になってくるかもしれないですね」

松田 「それは今後も活動を続けられるかどうかだと思うんですが……」

乙武 「家入さんのインターネッ党はすぐやめちゃったもんね」(笑)

*編集部注:起業家の家入一真氏は、2014年 東京都知事選挙の際、政治団体「インターネッ党」を立ち上げ立候補。インターネットを駆使した選挙運動や政策をTwitterで公募、知事選の供託金300万円をクラウドファンディングで集めるなど、新しい形の選挙に取り組み注目を集めた。この際、家入氏の選挙キャンペーンマネージャーを務めたのが、松田馨氏。

松田 「いやあそれに関しては何とも申し上げられないです。申し訳ありませんっ!」

1/5ページ

最終更新:2/5(水) 10:30
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事