ここから本文です

「新幹線 eチケットサービス」がスタート、ICカードを改札機にタッチするだけ、JR東日本、JR北海道、JR西日本で

2/5(水) 12:54配信

トラベルボイス

JR東日本、JR北海道、JR西日本の3社は、2020年3月14日から新幹線IC乗車サービス「新幹線 eチケットサービス」を開始する。このサービスによって、スマートフォンなどによる予約後、Suicaなどの交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチするだけで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線を利用することが可能になる。

利用者は、予約サイト「えきねっと」あるいは「e5489」の会員アカウントを作成し(すでに会員の場合は不要)、自身の交通系ICカードを登録。利用する交通系ICカードを指定したうえで、両サイトで新幹線の指定席あるいは自由席を予約する。ICカードの登録は2月7日から、また予約は2月14日から可能。利用できるICカードは、SuicaやPASMOのほか全国の10種類。

新幹線 eチケットサービスのために、予約情報の管理・認証を行うセンターサーバを新たに構築。利用者が新幹線自動改札機に交通系ICカードをタッチした際に、通信ネットワークを介してセンターサーバに予約情報を照会し、その結果をもとに新幹線自動改札機の開閉を行うクラウド技術が活用された。

トラベルボイス編集部

最終更新:2/5(水) 12:54
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事