ここから本文です

アルゼンチンが東京オリンピック出場に王手…ブラジルvsコロンビアはドロー決着

2/5(水) 7:58配信

GOAL

東京オリンピックのサッカー競技において南米予選に該当する「2020 CONMEBOLプレオリンピックトーナメント」で、決勝ラウンド第1節が行われた。

現地時間3日のU-23アルゼンチンvsU-23ウルグアイは、アレクシス・マック・アリスターが2ゴールを決める活躍などもあり、アルゼンチンが3点をリード。ウルグアイは67分から2点を返して巻き返すも、反撃はここまで。アルゼンチンが3-2でこのゲームを制し、決勝ラウンド初戦で勝ち点3を奪取した。

直後に行われた決勝ラウンドのもう一試合、U-23ブラジルvsU-23コロンビアは前半27分にホスト国のコロンビアが先制。だがブラジルは71分にヘルタ・ベルリンFWマテウス・クーニャが1点を返し、この試合は1-1で勝ち点1を分け合う結果となった。

4チームで総当りのリーグ戦となる決勝ラウンドにおいて、アルゼンチンが勝ち点3で単独首位に立っている。2位ブラジル(勝ち点1)、3位コロンビア(1)、4位ウルグアイ(0)と続く。

アルゼンチンは6日の決勝ラウンド第2節コロンビア戦でも勝利すれば、上位2チームに入ることがほぼ確実に。決勝ラウンドは4チームによる総当りのリーグ戦が行われ、上位2チームが東京オリンピックの切符を手にする。

最終更新:2/5(水) 7:58
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ