ここから本文です

「余裕が持てるフォーム」松本航(埼玉西武)が語ったフォーム改革

2/5(水) 12:00配信

高校野球ドットコム

 2018年のドラフト1位で埼玉西武ライオンズに指名を受けた、松本 航投手。日体大時代には実践力の高さを武器に、世代屈指の右腕として注目を浴びた。そんな期待を寄せられた松本はルーキーイヤーの成績は7勝4敗。開幕に間に合わず、途中からローテーションの一角として1年間を戦った。

【写真】明石商時代の松本航投手

 4日の練習終了後の会見で辻発彦監督は「しっかりやっている」と2年目の右腕に期待をかけている。それを聞いた松本投手は「よっしゃ(笑)」と思わず声に出しながら少し笑顔を見せ和やかなムードを漂わせる松本投手。第1クールを終えて「まずまずです」と振り返った。

 「打者相手に投げることが出来たことで、自分の動かしたいように体を動かす、打者がいてもバランスよく投げられるか確認ができました」

 打者と対戦して力みが生まれる中で、それを抑えながら足を上げたり、リリースをしたりするタイミング。また軸足1本で立ったときのバランスをポイントにしながら、山野辺翔ら相手にバッティングピッチャーを務めた。

 2度目のシーズンに向けて準備を進めていくが、今年は「余裕が持てる」フォームを模索している。
 「力みなどでフォームが崩れることがあったので、オフシーズンはフォームを固めたりする形の部分もしましたが、脱力の方法とか気持ちの持ち方ですね。ですので、変えるというよりも更新したという感じです」

 技術の変革ではなく、精神の在り方を改善することで、パフォーマンスの質を更新していく。若手らしからぬ柔軟な視点、考え方を持つクレバーなところも松本投手にとって強みだ。それは日体大時代から変わらない。

 2019年は防御率4.54で終わっているが、潜在能力はこんなものではない。2年目こそローテーションの一角として、心の余裕で更新された高次元の投球をメットライフドームで披露すれば、球界を代表する若手投手となることは十分考えられる。

最終更新:2/5(水) 12:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ