ここから本文です

大人なG-SHOCKってこういうことかも!

2/5(水) 9:50配信

LEON.JP

感度の高い大人の皆さまが再びファッションアイテムとしてG-SHOCKに熱く注目しているのはご承知かと。今回ご紹介するのはその人気をさらに加速させそうな角形Gの新作。黒のベゼルトップに渋いボディカラーを合わせた今までありそうでなった配色が、かつてのマニアの心を妖しくくすぐるんですよ!

定番の角形に、大人好みの渋い2トーンカラーが降臨

G-SHOCKとともに青春を過ごした皆様にとって、とりわけ親しみ深いモデルが初代の角形デザインを継承する「5600系」シリーズでしょう。

そのケースをまさかのメタル製に換装したリッチなモデルの登場を契機に、かつてG-SHOCKの洗礼を受けた大人の間でブームが再燃していますが、カシオさんったらまたまたすこぶる魅力的な新作をリリースしてくれました。それが下で紹介するセンスフルな2トーンカラーを纏ったモデルたちです。

従来の「DW-5600シリーズ」はベゼルカバー部分が単色成形でしたが、これらは新たに開発した二重成形の構造により、トップとベース部分を異なる配色に。結果、ブラック×グレー、ブラック×カーキグリーン、ブラック×サンドベージュというじつに大人の着こなしに馴染みそうなカラーリングが誕生したわけ。

機能的には電波ソーラーなどを積まない“素”のG-SHOCKではありますが、ランニングやジム通いにとガシガシ使い倒すならかえってこういうプレーンなモデルが好都合と考える人も多いはず。お値段もお手頃ですし、「そんなお洒落な角形G、あったっけ?」と言われたいなら、いち早く確保をおすすめします!

◆「DW-5610SU-8JF」/さりげなく差がつくブラック×グレー

一瞬オールブラックの定番G-SHOCKかと思いきや、じつはボディはグレー。このさりげないコントラストは、袖口をシックで大人っぽく演出することうけあい。

スーツやジャケットスタイルとの馴染みもいいので、ビジネス使いのG-SHOCKにもおすすめです。

◆「DW-5610SU-3JF」/旬のカーキグリーンを黒が絶妙に締める!

最近のファッションのトレンドカラーとも合致する渋めのグリーンをボディに採用。それを液晶やベゼルトップのブラックが引き締め、より男っぽい雰囲気が際立ちました。

ライダースのようなハードなアイテムと相性がいいのはもちろん、流行りの黒セットアップなんかにポイント使いしても絶好のアクセントなるでしょう。

◆「DW-5610SUS-5JR」/Gのミリタリーテイストを存分に堪能できる1本

砂漠を行く戦車のようなサンドベージュのボディにプラックのベゼルカバーをセット。液晶部の周りにはカモフラ柄も配し、ミリタリーテイストが強く香る1本に仕上げています。

ちなみにファブリック製の黒いベルトのほか、ボディ同色のウレタンストラップも付属。春夏スタイルのコク出しに効く時計をお探しならぜひ。

※掲載商品はすべて税抜き価格です

文/吉田 巌(十万馬力)

最終更新:2/5(水) 9:50
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ