ここから本文です

中国鋼材先物価格 春節明け大幅下落 新型肺炎蔓延による景気下振れ懸念映す

2/5(水) 11:31配信

日刊産業新聞

 中国の先物市場の鋼材価格は春節(旧正月)明けに取引を再開した3日、大きく下落した。新型肺炎蔓延による景気の下振れが懸念され、売りが先行。熱延コイルはトン3266元(約5万円、20年5月限品)と春節入り前の1月23日から7・5%、約4000円下がり、同品上市の昨年5月以降最大の下げ幅を示した。鉄鋼需要が減退する見通しの一方で鉄鋼生産は高水準を保ち、企業活動が再開される10日以降に現物の鋼材市況が崩れる不安が高まっている。

最終更新:2/5(水) 11:31
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ