ここから本文です

【巨人】戸郷、開幕ローテへ新フォームで1回1安打無失点「感覚的には悪くない」

2/5(水) 6:00配信

スポーツ報知

◆巨人紅白戦 ファーム7―1 1軍(4日・サンマリン宮崎)

 巨人1軍の2番手で登板した戸郷は、1イニングを1安打無失点。先頭の松井に右前打を許し「同期に打たれたのがめっちゃ悔しい」と苦笑いを浮かべたが「それ以外の内容は良かった」とうなずいた。

【写真】巨人2020年 年俸一覧

 走者を出した後は吉川大を右飛、立岡を空振り三振、田中貴を三邪飛に仕留めた。「焦りはなかった。ライバルもいい感じに仕上がっていると思う。そこを倒してナンボ。これからもっと練習を重ねていきたい」と、開幕ローテ奪取へ向けアピールを続けていく。

 昨年は左足を上げた際、腰の辺りに手を置いていたが、現在はグラブを顔の横に置くフォームを練習中。新フォームでは実戦で初めてセットポジションで投じ「感覚的には悪くないですけど、少し(体の)開きがあったので、そこだけ変えていきたいと思います」と今後の課題を口にした。

 ◆戸郷 翔征(とごう・しょうせい)2000年4月4日、宮崎・都城市生まれ。19歳。小1から野球を始め、妻ケ丘中2年から本格的に投手を始めた。聖心ウルスラ学園では2年夏の甲子園に出場。プロ1年目の昨季は2戦1勝0敗、防御率2・08。186センチ、76キロ。右投右打。年俸650万円。

報知新聞社

最終更新:2/5(水) 6:28
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事