ここから本文です

全国道場少年剣道中学男子V 留場、知事に成績報告

2/6(木) 9:42配信

福島民報

 全国道場少年剣道選手権大会第44回中学生男子の部(個人戦)を制した留場啓伍(清水剣友スポ少、清水中3年)は5日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事に優勝報告した。

 留場はトロフィーや賞状を披露し「優勝をつかみにいくという気持ちで試合に臨んだ」と語った。清水小6年の時も同じ大会の小学生男子の部で優勝している。

 内堀知事は「小学校、中学校ともに日本一というのは本当に素晴らしい。日頃の練習を真剣に取り組んできた結果」とたたえた。父の一浩さん、母の奈央子さん、同スポ少の梅津幸子代表が立ち会った。

 大会は昨年12月、新潟県の県立武道館で開かれ、全国から64人が出場した。

最終更新:2/6(木) 9:42
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ