ここから本文です

WHO、740億円の資金援助要請 新型肺炎対策で

2/6(木) 6:51配信

時事通信

 【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は5日、ジュネーブで記者会見し、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスについて、各国のワクチン開発や感染防止策の支援に6億7500万ドル(約740億円)が必要だと述べ、国際社会に資金援助を求めた。

 
 テドロス氏は「今投資するか、後でより多くの代償を支払うかだ」と述べ、感染が一段と拡大する前に資金を投入することが重要と強調。特に医療システムが発達していない国への援助が必要だと訴えた。 

最終更新:2/6(木) 13:46
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事