ここから本文です

横浜流星、エランドール賞で更なる精進誓う!深田恭子登場で「はじこい」2ショット!

2/6(木) 21:42配信

シネマトゥデイ

 日本映画テレビプロデューサー協会が主催する「2020年 エランドール賞」の授賞式が6日に東京・新宿で行われ、新人賞を獲得した俳優の横浜流星が出席。受賞スピーチで横浜は「まだまだ未熟者ですが誠心誠意、作品と役と向き合ってみなさんにいい作品を届けていけるように精進したいと思います」と決意をあらたにしていた。ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で共演した深田恭子も駆けつけ、横浜の受賞を祝福した。

【写真】横浜流星と深田恭子のこのハグで会場が揺れました(授賞式の様子)

 一年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる本賞を受賞した横浜は昨年「初めて恋をした日に読む話」でピンク髪の高校生“ユリユリ”こと由利匡平役でブレイク。「あなたの番です-反撃編-」「4分間のマリーゴールド」といった話題のドラマに出演し、『愛唄 -約束のナクヒト-』『チア男子!!』『いなくなれ、群青』という映画3本で主演を担った。

 会場には多くのファンが駆けつけており、横浜が登場すると一際大きな歓声が上がった。「横浜流星です。すごいですね。みなさんの熱量に圧倒されています。このような歴史ある賞をいただけて本当に光栄に思います」と話し、「昨年は『初めて恋をした日に読む話』をはじめ本当にたくさんの作品と素敵な人と出会い、みなさんに支えられてみなさんのおかげで、この賞を取れたと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです」と続けた。

 そして花束のプレゼンターとして深田が登場するとこの日一番の歓声で会場が揺れた。花束を渡して横浜とハグをした深田は「流星くん、本当におめでとうございます」と伝え、「(「はじめて~」で)役にストイックに入り込む流星くんがまぶしかったです。その後もいろんな作品に取り組む流星くんを見て、入り込みすぎちゃって大丈夫かなって心配しちゃったりもしたんですが、そんな心配もいらないくらい素敵に活躍されていて。陰ながら応援しています。また一緒にお仕事できる機会があったらいいですね」と笑顔で横浜の受賞を祝った。

 その後に行われた囲み取材で横浜は深田との2ショットを見たファンからの大歓声を振り返り「本当に嬉しいです。深田さんが来てくださって、作品が愛されているんだなというのを肌で感じられました」と笑顔を見せる。そして「役に誠実に向き合って演じていきたい」と更なる飛躍を誓っていた。(編集部・海江田宗)

最終更新:2/7(金) 11:08
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ