ここから本文です

感染者受け入れ、張り詰めた空気 クルーズ船着岸の横浜・大黒ふ頭

2/6(木) 12:36配信

共同通信

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者10人から新型コロナウイルスの感染が新たに確認された6日、横浜・大黒ふ頭に横付けされた船からは感染者が救急車で医療機関に運ばれた。白い防護服姿の関係者が慌ただしく対応し、張り詰めた空気が漂った。

 午前9時前。数十人の報道陣が見守る中、5日に感染者らが巡視艇に乗り換えて下船した後、いったん港を離れていた船が着岸した。客室外のバルコニーに出た乗客もあり、中には元気そうに手を振る人の姿も。

 船と岸の間には外付けの橋が渡されたが、シートで覆われていた。正午すぎには感染者を乗せたとみられる救急車1台が出発した。

最終更新:2/6(木) 12:50
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事