ここから本文です

肺炎、抗HIV薬投与後に改善 国際医療研究センター

2/6(木) 17:37配信

共同通信

 国立国際医療研究センターは6日、国内で新型コロナウイルスの感染が確認された患者3人の治療経過を公表した。1人は抗エイズウイルス(HIV)薬を投与した後、症状に改善傾向がみられたとしている。国内で患者治療の詳細が明らかになるのは初めて。

中国名門大教授、習指導部を「無能」と非難

 同センターは、感染初期は喉の痛みや微熱しかないことがあり、症状から診断するのは困難との見解を示した。渡航歴の聴取が重要としている。

 治療を行った3人は中国湖北省武漢での滞在歴がある中国人と、40代と50代の日本人男性。検査で感染が確認され、同センター内の病院で治療を受けた。いずれも重症ではない。

最終更新:2/6(木) 21:31
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事