ここから本文です

20キロ装備と使命感背負いタワー階段疾駆、3県消防士が訓練 愛知・一宮市

2/6(木) 18:56配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 愛知県一宮市の木曽三川公園にある「ツインアーチ138」で6日、東海3県の消防士が513段、高さ100メートルの非常階段を駆け上がり、スピードを競いました。

 高層ビルなどでの災害を想定した訓練の一環で、参加した98人の隊員は、防火服や空気ボンベなど約20キロの装備を背負い、地上を90メートル走った後、階段を一気に駆け上がりました。

中京テレビNEWS

最終更新:2/6(木) 18:56
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ