ここから本文です

アニメ「防振り」第5話、メイプル(声優・本渡楓)の“二つ名”に視聴者反響「既にラスボス」

2/6(木) 18:06配信

AbemaTIMES

 アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」(以下「防振り」)第5話が放送された。視聴者の中で、主人公・メイプル(CV:本渡楓)の二つ名「浮遊要塞」が話題になっている。

 同アニメは、夕蜜柑氏によるシリーズ累計70万部突破、PV数8000万超の人気小説が原作。ステータスポイントを全て防御力に振ってしまったメイプルが、極振りの結果、手にしたスキルは「絶対防御」。どんな攻撃も防ぐ大盾使いとして、ゲームの世界で“ノーダメージな大冒険”を繰り広げる。

 2月5日より順次放送中の第5話「防御特化と戦利品。」で、所有する亀の幻獣・シロップが新しく「巨大化」「サイコキネシス」のスキルを覚えたため、背中に乗って移動ができるようになったメイプル。ただでさえ無敵の防御力を誇る“歩く要塞”のメイプルだったが、地上に毒の雨を降らせる「アシッドレイン」も披露し、さらに強くなった。アニメでは、メイプルの防御力を目撃した他のプレイヤーから、ほぼ「要塞」に決まっていたメイプルの“二つ名”について「これもう改名だわ『浮遊要塞』だわ」という声が寄せられていた。

 可憐なキャラクターとは思えない物々しい二つ名に、Twitter上では「メイプルについた二つ名『浮遊要塞』は笑ったw」「もう既にラスボスやん(笑)」「浮遊要塞メイプル爆誕」とツッコミの嵐に。視聴者の笑いを誘っていた。

(C)2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会

最終更新:2/6(木) 18:06
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事