ここから本文です

今季最強の寒気ピーク 北陸では24時間で70cm以上の積雪増

2/6(木) 7:03配信

ウェザーニュース

 日本列島の上空に流れ込んでいる今季最強の寒気が6日(木)朝、ピークとなっています。冬型の気圧配置が強まっている影響で、日本海側の広い範囲で雪が降っており、北日本だけでなく、北陸の平野部でも雪が積もってきました。

 昨夜、今季初めて1cm以上の積雪を観測した富山は6時で15cmまで増加。福井でも2cm、秋田は15cmの積雪です。また、本州の山沿いや北海道では24時間で新たに50cm前後の雪が積もり、新潟県妙高市関山は76cmの大雪となっています。

 雪雲の一部は山を越え、神戸や和歌山、徳島、高松など西日本の各地で初雪を観測しました。

今日いっぱいは大雪に警戒

 この後も断続的に雪が降り続き、さらに積雪は増加する見込みです。北陸の平野部でさらに5~10cm、本州の山沿いや北海道では20~30cmの雪が降るおそれがあります。

 路面の積雪や落雪などに警戒しつつ、除雪はこまめに行うようにしてください。

全国的に厳しい寒さ 最大限の防寒が必要

 今日は全国的に寒さも厳しくなります。ウェザーニュースの予想では、最高気温は西日本や東日本のほとんどが一桁となっています。

 昨日は春の陽気だった東京は6℃までしか上がらず、一気に真冬の寒さです。北風が一層、体感温度を下げますので、外出には最大限の防寒が必要になります。

ウェザーニュース

最終更新:2/6(木) 7:06
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ