ここから本文です

きさらぎ賞は馬連1点で十分 連対率100%データ該当は2頭だけ【きさらぎ賞】

2/7(金) 17:19配信

優馬

 8頭立てと例年通りの少頭数になったが、半数が重賞好走馬という好メンバー揃いの一戦。クラシック戦線へ弾みをつけるのはどの馬か?

アルジャンナの信頼度は?

 1番人気はおそらくアルジャンナ。前走の東スポ杯2歳Sは勝ち馬コントレイルに5馬身離された2着だが、そのコントレイルがGI・ホープフルSで優勝。クラシック戦線を戦うためにも、ここで賞金加算を果たしておきたい所だろう。

■厩舎別成績(過去10年)
池江寿〔4.1.2.1〕
藤原英〔2.0.0.3〕
南井〔2.0.0.0〕
音無〔1.1.1.3〕
大竹〔1.0.0.0〕

 とにかく池江寿厩舎の活躍が目立つ。また、ディープインパクト産駒も過去10年で〔5.5.2.11〕と高い好走率を誇っているが、中でもディープインパクト産駒&池江寿厩舎は〔4.1.0.1〕となっている。これにピッタリ当てはまるアルジャンナがやはり堅軸だろう。

好走のカギは新馬戦にあり

 今回、着目したのが各出走馬の「新馬戦」。前述のアルジャンナと同様に、新馬戦1番人気1着だった馬について掘り下げてみた。

■きさらぎ賞好走のポイント(過去10年)
新馬戦1番人気1着馬〔6.2.0.18〕
 →キャリア2~3戦〔6.2.0.8〕
  →前走3着以内〔5.2.0.3〕
   →前走3番人気以内〔5.2.0.0〕

 以上のように条件をクリアしていくことで、連対率100%となる。今回のメンバーでこれをクリアしたのはアルジャンナとサトノゴールドのみ。頭数の少ないレースだけに、この2頭の馬連1点で十分だろう。

結論

アルジャンナ×サトノゴールドの馬連1点

最終更新:2/7(金) 17:19
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ