ここから本文です

介護保険で受けられる介護サービス、かかるお金は?

2/7(金) 22:00配信

magacol

介護保険で受けられる主なサービスの自己負担額の一例

介護保険で受けられる介護サービスには大きく分けると、訪問、通い、宿泊、施設入居があります。介護認定の区分、家族と本人の希望、自己負担額の目安を参考にして、選択しましょう。

■在宅介護でかかるお金 【訪問】訪問介護

ホームヘルパーによる入浴、排せつ、食事介助などの身体介護や、掃除、洗濯などの生活援助。

【訪問】訪問リハビリ

理学療法士、作業療法士などによる心身機能の維持・回復や自立へ向けたリハビリ指導。

【訪問】訪問看護

看護師や保健師による体の清拭や入浴の介助、体温・血圧・脈拍 の測定、医療処置など。

【訪問】訪問入浴介護

看護師を含むスタッフ が巡回入浴車で訪れ、 体への負担が少ないよう入浴させてもらう。

【通い】デイサービス

デイサービスセンターなどで、入浴、食事、機能訓練などを受け、レクリエーションを行う。

【通い】デイケア

老人保健施設や医療施設などで、入浴、食事、主治医の指示を受けての機能訓練などを受ける。

【宿泊】ショートステイ

特別養護老人ホームや医療施設などに短期間宿泊して、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供。

※食費・滞在費・理美容代などは別途負担する必要があります。

■介護施設でかかるお金 【入居】介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

常時介護が必要で、自宅での生活が困難な人に、介護や機能訓練、療養上の世話を行う。

※施設サービス費+居住費・食費+日常生活費(理美容代など)が必要になります。

【入居】介護老人保健施設(老人保健施設)

病状の安定した人に医療ケアと介護を行い、在宅復帰を目指す、リハビリ中心の施設。

※施設サービス費+居住費・食費+日常生活費(理美容代など)が必要になります。

【入居】介護療養型医療施設(療養型病床群)

長期にわたる療養とリハビリを行う医療施設。 看護師の人員配置が多く、医療ケアが充実。

※施設サービス費+居住費・食費+日常生活費 (理美容代など)が必要になります。

【入居】介護医療院

長期療養のための専門的な医療機能と、介護 を行う生活施設の機能を兼ね備えた施設。

※施設サービス費+居住費・食費+日常生活費 (理美容代など)が必要になります。

※厚生労働省 介護サービス情報公表システムを参考に作成
※介護療養型医療施設は2024年3月末に廃止予定

取材・文/鹿志村杏子 構成/長南真理恵

Mart2020年1月号
費用は?何でまかなう?いまから考えておこう!「親の介護」にかかる“お金“の話 より

最終更新:2/7(金) 22:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ