ここから本文です

綾瀬はるか、ボルダリング体験で「手がプルプルして、ペットボトルを開けれられなくなった」

2/7(金) 17:07配信

スポーツ報知

 女優の綾瀬はるか(34)が7日、東京・パナソニックセンター東京で「『いっしょにTOKYOをつくろう。』連動企画 みんなの夢・挑戦を未来へツナグ ~東京2020まであと200日!~」に出席した。

 東京オリンピック・パラリンピック200日前に向けた今イベントにサプライズ登壇した綾瀬。6年前から全国47都道府県を訪問し、アスリートたちの夢や努力に触れてきた。「日々の積み重ね、努力が実を結ぶと感じた。楽しんで目標にむかっている姿勢がキラキラして、美しいと思いました」とアスリートのひたむきな姿勢をたたえた。

 行脚中、特に印象に残った競技に関して「ボルダリング」と明かし、「ボルダリングは初挑戦。やり過ぎて手がプルプルして、ペットボトルのキャップが開けれないくらいだった。夢中になって、出来るまでやりたいと言ってしまいました。しつこくやりました」と笑顔で体験を語った。

 今イベントでは小学校6年生の児童らと、パラリンピック競技「ボッチャ」を体験。チームに溶け込んだ綾瀬は「よく食べて、健康で夢に向かっていって欲しい。東京オリンピック・パラリンピックも一緒に盛り上げて行きましょう!」とエールを送った。

報知新聞社

最終更新:2/7(金) 17:07
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ