ここから本文です

お台場の海に新種のゴカイ 東京オリパラ会場で 極地研など

2/8(土) 13:55配信

時事通信

 国立極地研究所と東邦大の研究チームは8日までに、東京・お台場海浜公園で発見したゴカイの一種が新種と判明し、「ナミウチコモチコイソメ」(学名オフィリオトロカ・アービス)と命名したと発表した。

〔写真特集〕新種だよ 珍種も集合

 
 極地研の自見直人・日本学術振興会特別研究員と東邦大の多留聖典・訪問研究員らは、2015年と17年に行われた同公園の海の底生生物調査で、ホヤやアカエイの死体に群生するゴカイを発見。詳しく調べたところ、頭の近くに波打つような形の部分があることや、歯の形などの特徴から新種と判明。お台場で見つかったことから、学名に「都会」を意味する「アービス」を付けたという。

 ナミウチコモチコイソメは体長約1センチ。生物の死体を分解する「海の掃除屋」として生態系で重要な役割を担っているという。

 同公園は東京五輪・パラリンピックのトライアスロンなどの会場で、東京都は水質改善のため砂の投入を計画。自見さんは「影響は分からないが、環境変化に適応できない種はいなくなるかもしれない」とコメントした。 

最終更新:2/8(土) 14:46
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ