ここから本文です

新型コロナウイルス感染の奈良県バス運転手が退院

2/8(土) 21:52配信

ABCテレビ

日本人で初めて新型コロナウイルスの感染例となった奈良県のバス運転手の男性が8日までに退院していたことがわかりました。

中国・武漢からのツアー客を乗せたバスを運転していた奈良県の60代の男性は先月28日、新型コロナウイルスへの感染が確認され県内で入院し治療を受けていました。奈良県によりますと、男性は発熱や咳の症状が治まったうえ、検査で2回続けて陰性と確認され国が示す退院の基準を満たしたことから8日までに退院したということです。また、京都市は市内の販売店で中国人観光客らと接する仕事をしていてウイルス感染が確認された20代の中国人男性が8日までに退院したことを明らかにしました。男性は先月31日から入院し治療を受けていました。

ABCテレビ

最終更新:2/8(土) 21:52
ABCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事