ここから本文です

【マッチングアプリはドラクエ】第1弾が炎上したので完結編放送! ねほりんぱほりん「マッチングアプリで真剣に婚活する人」の盛り上がりをAIで分析

2/8(土) 12:00配信

ねとらぼ

●アユミさんの修羅場・失恋

 多くの既婚者とマッチングして、なかなか運命の人と出会えないアユミさんですが、思わぬトラブルが……。

 なんと、マッチングアプリで「いとこの夫」を見つけてしまいます。しかもその「いとこの夫」は結婚してまだ半年。真意を確かめようとアユミさんは韓流アイドル系の写真をアイコンにして「いとこの夫」と接触を試みました。するとすぐにデートの約束ができてしまいます。アユミさんは当日、刑事ドラマの取り調べのように「いとこの夫」を問い詰めて、説教したそうです。

 さらに、トラブルはこれだけではなく、運命の人だと思える男性とマッチングし、好きになってしまいますが、その男はまさかの既婚者。しかも、結婚式の前撮り写真の撮影で妻と一緒に上京、その最中にアユミさんに会いに来たそうです。しかしほれた弱みで、数カ月関係を持ってしまったそうですが、相手に迷惑をかけたくないという理由でLINEをブロックしたそうです。そして、3カ月後にブロックを解いてみると「誰にも言ってない?」など保身のための連絡ばかりで、アユミさんが怒っていないとわかると、一方的にブロックされたそうです。

 これに怒ったアユミさんは、同様のことが再発しないように、男性の妻のFacebookを見つけ出し、メッセージを送ったそうです……。番組ではその内容が読み上げられ、ネット上は「ドラマ1本作れるぞコレ」や「妻に送ったメッセージ音読、ホラーだ」などの声が見られました。

●マッチングアプリは自己申告がすべて

 2人目のゲスト、リコさん(42歳・仮名)は40歳になる少し前にマッチングアプリを始めたそうです。リコさんは20代の時に、結婚を前提に交際している人がいたそうですが、体の事情で子どもを産むことに不安を持っていて、それが原因となり破局してしまったそうです。しかし、40歳を過ぎて「子どもを求められない」ようになったことで、肩の荷が下りて、マッチングアプリで出会いを探すように。

 始めてすぐ、会社経営者と出会い、交際がスタート。2回目のデートでプロポーズされたそうです。警戒心から指輪を買ってもらうなど、気持ちを確かめようとしたリコさんでしたが、実家への挨拶なども済んでどんどん話が進んでいきます。しかも相手は会社経営者でお金持ちということもあり、目がくらんでしまっていたそうです。

 しかし、徐々に男性がトーンダウンし、デートもドタキャンされることも。電話すると「うるせぇゴキブリ!」などと言われ、目が覚めたそうです。リコさんいわく「マッチングアプリは自己申告がすべてなので、悪い面をスルーしがち」と学んだといいます。

これに対してTwitterでは「自分でプロポーズしたのにトーンダウン?」や「男側やべえ奴しかいねえな」などのツイートが投稿されていました。

2/3ページ

最終更新:2/8(土) 12:26
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事