ここから本文です

全日本女子プロレス創設、松永ファミリー最後の生き残り健司さん死去

2/9(日) 5:00配信

デイリースポーツ

 1968年6月に全日本女子プロレス興業を旗揚げし、ビューティ・ペア、クラッシュ・ギャルズをリングに送り出した松永ファミリーの松永健司さんが6日、肺炎のため死去したことが8日、明らかになった。84歳だった。

【写真】クラッシュ・ギャルズを苦しめた極悪レフェリー

 松永4兄弟は5男・俊国さん(02年9月、心不全、享年57)、4男・国松さん(05年8月、自殺、同63)、3男・高司さん(09年7月、肺炎、同73)が既に他界。女子レスラーとして活躍した2女・洋子さん=山口洋子=(89年10月、ぼうこうがん、同50)、長女・田口礼子さん=吉葉礼子=(08年9月、肺がん、同70)も亡くなっている。

 全日本女子は05年4月に解散し、36年10カ月の歴史に幕を閉じた。副会長を務め、最後の生き残りだった健司さんが死去したことで、松永ファミリーの栄光の歴史も終止符が打たれた。

最終更新:2/9(日) 6:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事