ここから本文です

J2京都、本拠スタジアムこけら落とし セレッソと熱戦

2/9(日) 17:19配信

朝日新聞デジタル

 京都府亀岡市の「サンガスタジアム by KYOCERA」(京都スタジアム)で9日、こけら落としの試合が行われた。JリーグのプレシーズンマッチとしてJ2京都サンガがJ1セレッソ大阪と対戦し、約1万8千人(主催者発表)の観客が熱戦を見守った。

【写真】応援旗をたなびかせ、試合開始を待つ京都サンガのサポーターたち=2020年2月9日午後1時59分、京都府亀岡市、白見はる菜撮影

 サッカーやラグビーの国際試合を開催できる複合施設で、天然芝のフィールドを備える。約2万1600人収容の観客席は屋根で覆われ、雨でもぬれずに観戦できる。対戦型ゲームをスポーツとして楽しむ「eスポーツ」やスポーツクライミングの施設などもある。

 この日は、京都出身の4人組ロックバンド「夜の本気ダンス」のライブなどがあり、午後2時過ぎに試合が始まった。

朝日新聞社

最終更新:2/10(月) 0:46
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事