ここから本文です

【ボート】兵庫のトップレーサーがレース中の事故で死亡 松本勝也選手

2/9(日) 17:31配信

デイリースポーツ

 尼崎ボートで9日、第9Rに6号艇で出走した松本勝也(まつもと・かつや)選手が1周2マーク旋回時に転覆、その後に後続艇と接触して負傷。その後、西宮市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。48歳だった。レース場での死亡事故は31件目で、尼崎ボートでは2件目。

【写真】無残 尼崎ボートレース、天井の鉄骨はがれ落ち選手宿舎も停電

 松本選手は68期生として1991年5月に尼崎でデビュー。現在のクラスは最高位のA1級で、この日はG1レースの近畿地区選手権に出場していた。2000年にはボートレース界最高峰のSGレース・グランドチャンピオンで優勝戦に進出するなど、兵庫を代表する選手として活躍していた。

最終更新:2/9(日) 18:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事