ここから本文です

『映像研』はなぜ男子ではなく女子3人組なのか?大童澄瞳の“かわいい”論

2/9(日) 12:04配信

BuzzFeed Japan

今、話題を集めているアニメ『映像研には手を出すな!』。女子高生3人がアニメ作りに奮闘する中で、メカやロボットなど一般的に「男の子っぽい」とされるモチーフも多く登場します。

【画像】アニメ本編の画像や原作のコマをもっと見たい方はこちら

「なぜこの内容で男じゃないのか」「なぜ女子高生なのか」。

原作者の大童澄瞳さんの元には、そんな疑問がこれまで度々寄せられてきたといいます。大童さんの考えるジェンダー観ーーもとい、“かわいい”論を聞きました。

「オタクを鑑賞する」楽しさ

――Twitterの使い方を聞いてあらためて感じましたが、大童さんはより多くの人に読んでもらうことを大事にしていますよね。「わかる人だけわかってくれればいい」という方向にいかず。

例えば鉄道とかアイドルとか、いわゆる「オタクが好む」ジャンルってありますが、その外に「オタクを鑑賞する」ってジャンルがあるじゃないですか。「アメトーーク!」なんかもそうですよね。

何かに没頭している人を鑑賞するのは楽しい。情熱を持って語る人はおもしろい。

そういうおもしろさにつなげられれば、そこそこ誰にでも響くんじゃないかなって思っていました。もちろん「僕が好きなことを好きに描いている」趣味全開の要素もありますけどね。

あと、多くの人に響くだろうと思えた理由は、根底に「子どもが想像した世界」があることかな。

――確かに「これが私の考えた最強の世界!」は多くの人の身に覚えがありあますよね。

子供の頃好きだったものってなんとなく「そういう時期もあったよね」って卒業しちゃいがちですけど、別に好きでい続けていいんですよね。

――部室の秘密基地っぽさにわくわくするし、「いい感じの棒」に喜ぶ浅草氏や水崎氏の気持ちもわかるし。

そうそう。おとなになってもまた秘密基地を作ってもいいし、「いい感じの棒」を見つけたら振り回してみてもいい。

僕は今もどんぐりが落ちていたら拾うし、道端できれいなBB弾を見つけるとうれしいですよ!

――BB弾って言葉、久しぶりに聞きました(笑)。

たまに落ちてるんで、探してみてください(笑)。

映像研の3人が楽しんでアニメ作りを、最強の世界の夢想をしていれば、多くの人にも同じように「わかる」「楽しい」と思ってもらえることはTwitterの肌感覚で知っていたので。

今回TVアニメになったことで、さらに一緒にワイワイしてくれる人が増えてうれしいです。

1/2ページ

最終更新:2/9(日) 12:04
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事